乳酸菌は赤ちゃんにも必要?その効果がすごいんです

乳酸菌は腸内環境を整えるために、必要な栄養成分です。

大人も子供もヨーグルトなどで手軽に補給することができますが、赤ちゃんは乳酸菌が必要なのでしょうか。

そもそも、赤ちゃんはヨーグルトなどを食べることはできません。

では、どうやって乳酸菌を赤ちゃんが取り入れることができるのでしょうか。

その答えは母乳にあります。

母乳には、お母さんの体内に存在する乳酸菌が含まれていて、お母さんの乳酸菌を引き継いでいくんです。

そして、赤ちゃんが母乳から乳酸菌を取り入れることで、そのうち生まれてくる悪玉菌と戦う力を手に入れ、母乳から便を作り出す消火活動も盛んに行われるようになるのです。

また、赤ちゃんは生まれたばかりのときは免疫をもっていません。

つまり、あらゆる病気やウイルスの影響をうけてしまうということ。

そのため母乳を飲んで乳酸菌を取り入れることで、赤ちゃんの体に素早く免疫を作り出しているのです。

乳酸菌は、赤ちゃんにとっても必要不可欠なものなのです。

しかも母乳で補給できるので、他の食べ物が食べられなくても大丈夫。

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、他の食品などから乳酸菌を新たに摂取しなくても十分なくらいなのです。

では、母乳ではなくミルクを与えている場合はどうすればいいのでしょうか。

ミルクで育てている場合には、母乳の中の乳酸菌であるビフィズス菌やラクトフェリンなどを取り入れることができません。

そのため、ミルクと一緒に赤ちゃんでも飲める、ビフィズス菌食品などを与えてげると良いでしょう。

赤ちゃんの体を守っていくためにも、しっかりと継続して与えてあげたいですね。

生後約1週間ほどで、乳酸菌の力が強くなって、腸内の悪玉菌よりも優勢になっていきます。

母乳の場合は自然と菌が増えていきますが、ミルクの場合ではしっかりと補助食品を続けていって、1週間ほどで母乳と同じくらいに、腸内環境を整えることを目標にしていきたいものです。

また、離乳食を食べるころになると、あらゆる食品から乳酸菌を取れるようになりますが、このころには乳酸菌の力を強化するオリゴ糖などを与えて、赤ちゃんの腸内環境をしっかりと守ってあげましょう。

赤ちゃんにはまだヨーグルトは早いと思うかもしれませんが、赤ちゃんが食べられるヨーグルトもあるため、大人用ではなくて専用のヨーグルトを用意してあげましょう。

しかし、ここで問題なのは、お母さんの立場だと、赤ちゃんが乳酸菌を摂り過ぎると悪影響があるのでは?と思ってしまうことですよね。

でも、安心してほしいのは、乳酸菌はたくさん摂っても、余分になってしまった分は体外に排出されていくので大丈夫です。

と言っても、赤ちゃんの便の状態やお腹の具合によっては、オリゴ糖の量や補助食品の量を調節してあげましょう。

また、母乳を与えているときには、お母さんも乳酸菌を取って、腸内環境をしっかりと整えて、質の良い母乳を作り出すように頑張っていきましょう。

お母さんの腸内細菌=乳酸菌が、母乳によって赤ちゃんにも行き渡るのだと考えて、お母さんの体の中に老廃物が溜まらないようにしていきたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ