妊婦さんは乳酸菌を赤ちゃんのために取っていきましょう!

乳酸菌を積極的に取りたいのは、大人も子供も同様なのですが、妊婦さんも是非取っていきたい成分なんです。

妊婦さんは、子宮が大きく膨らんでいるために、他の内臓を圧迫して便秘気味になってしまいます。

また、悪阻が酷い時には食べ物のバランスが悪くなることもあり、腸内環境が悪くなりがちです。

すると余計に便秘が進行したり、肌荒れなどが起こることもあります。

しかし、妊婦さんの場合はおなかの赤ちゃんに影響が出てしまうため、便秘薬を飲むわけにはいかないのが現実。

そこで、薬を飲めない妊婦さんにこそ乳酸菌が必要なんです!

乳酸菌によって腸内の悪玉菌を減らして、腸内環境を改善します。

すると、便を作り出すはたらきや、有害物質を排除するはたらきが強化されます。

便が作り出せれば便秘も徐々に改善していくので、老廃物を体の外へと出すことができるんです。

妊婦さんが乳酸菌を取ることで、便秘解消以外にも嬉しい効果が期待できます。

それが、赤ちゃんの免疫力を強化することができるということ。

赤ちゃんにはお母さんの取った栄養素が与えられるのは誰でも知っているかと思いますが、同じようにお母さんの腸内細菌も受け継いでいくんです。

腸内細菌は免疫力にも関わるものなので非常に重要。

お母さんのおなかの中がキレイであればあるほど、病気に負けない強い赤ちゃんに成長してくれます。

また、免疫力が強化されると、生まれた赤ちゃんのアトピー性皮膚炎やアレルギーの発症率もグンと下がります。

そういった面でも、妊婦さんは乳酸菌を積極的に取っていきたいのです。

しかし、乳酸菌は摂り過ぎると、地質によっては下痢気味になるなど、悪影響もあるので要注意です。

ヨーグルトや乳酸菌飲料の飲み過ぎ、食べ過ぎには注意しておきましょう。

単純に、それらの食べ過ぎはカロリー過多にも陥りやすいので、体重制限などがある方は特に気を付けたいところ。

通常であれば過剰な乳酸菌は体外へ排出されますが、妊娠中は何かと体の働きが鈍るので、一層注意が必要なのです。

体の調子を見ながら、無理なく続けられる乳酸菌のサプリメントなどがオススメです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ